マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 【映画】

THE IRON LADY
2011年 イギリス
フィリダ・ロイド(監督)
メリル・ストリープ、ジム・フロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、スーザン・ブラウン、アレクサンドラ・ローチほか

もう何年もまえのことだが、だいぶ惚けてきた母に、「男子家を出ずれば七人の敵あり!」と注意を促されたことがある。私は男子ではない。それに「ちょっと郵便局へ行ってくるね」と言っただけだ。そりゃ、世の中にはちょっと郵便局へ行っただけで七人の敵に出会ってしまう人もいるだろうが、私はそんな大物じゃない。

というわけで、表題の映画はどこへ行くにしろ敵は七人どころではなかったと思われる元英国首相の物語。

画像


認知症の症状が現われはじめた近年の元首相が過去を振り返るという構成で話が進んでいくが、私には近年の姿ばかりが印象に残った。原因のひとつは老いたサッチャーに自分の母親を重ねてしまうこと。すこしまえ、もうちょっと元気だったころの母を思いだして、はからずも泣けてしまった。ストリープ、うまいねえ。

でも、これはべつにそういう映画ではない(と思う)。ではどういう映画なのか――それがいまひとつはっきりしない。サッチャー女史への遠慮からか、なんとなく歯切れが悪いのだが、そのぼんやり感が女史のイメージとちぐはぐで、ともすれば「これって誰の伝記だっけ?」みたいなことになっていた気がする。

ただ、この作品に描かれた歴史的事実には学ぶべきことが少なくなかった。たとえば、税金を上げるのも、戦争をはじめるのも、案外簡単だということ。気をつけなければ。

ところで、これを観た池之端の上野東急は今月いっぱいで閉館になるのだとか。シネコンには絶対に醸し出せない風情があって結構好きだったのに、残念だなあ。

この記事へのコメント

ソンパン
2012年04月11日 22:08
こんばんは☆
ご無沙汰しております。お元気ですか?私は花粉症にて、はな垂れ小僧と化してます- -;
先日この映画を観たという友人がBalkanさんと同じような感想を述べてました。一番の見所はメリルストリープの名演技で、話の筋はイマイチやったとな。。。でも、伝記物はおっしゃる通り史実から学べる事も多々ありますし、脳トレの一環として観てみたい気もします^^
それにしても、お母様のお言葉、勇ましいというか素敵です。(思わずググってしまいました。男女ともに当てはまるのではと勝手に解釈中)もし若い時に知ってたなら、こんな満身創痍の身になってなかったかも~
Balkan
2012年04月12日 09:26
ソンパンさん、こんにちは。
こちらこそ御無沙汰しています。
私も花粉症仲間です。スギ、ケヤキにくわえて、最近はブタクサにも反応するようになりました。クリネックスから感謝状がもらえそうです。

そう、この映画、歴史解釈的な部分がなんだか退屈なんです。まだ生きている人の伝記だし、いろいろ難しいのでしょうね。そういうことでいえば『ソーシャル・ネットワーク』は潔かったかも。

老サッチャーが、心配してあれこれ指図してくる長女に「ガミガミうるさい女は男に嫌われるわよ」とたしなめる場面があるのですが、おそらく、ご本人の経験にもとづく助言なのでしょう。私の母も、若いころ、外で敵をつくりまくったにちがいありません。
UME
2012年04月13日 10:21
メリル・ストリープに関根麻里が(この映画のプロモーションだったのかな…)インタビューをしているのを見た時に、凄く素敵で魅力的な人だなぁと初めて(笑)好感を持ったのを思い出しました。スクリーンの中のどの彼女とも全くの別人exclamation本当に役作りが上手い人なんですねexclamation×2…という事はこの時のインタビュー時の彼女も本当は実際の彼女とは違うのかもですねあせあせ(飛び散る汗)私も明日は別人になって東京ドームで東方神起のコンサートに参戦して参ります(笑)
Balkan
2012年04月13日 11:19
UMEさん、こんにちは。
実は私もストリープの芝居に素直に泣けたのはこれが初めて。うまいんだけど――というかうまいがゆえに、ちょっと鼻につくんだよね。

おっと、明日は別人になってドームですか。いいですねえ。その昔、ストリープも真っ青の名演で樫の木(杉の木?)になりきったUMEさんなら、どんなものにでもなれるはず。とことん楽しんできてね!
ごみつ
2012年05月12日 01:53
今晩は!

これ何とか見に行きたい!と思ってて、見てからコメントさせてもらおうと思ってたのですがどうも行けそうにないです。どっかでロングランしてくれたら行けるかも?

「裏切りのサーカス」も見たいんだけど、これ予備知識なしじゃかなりきついみたいな話を耳にしてるので二の足を踏んでます。本、読んでないとダメかな~?映画見ましたか?G・オールドマン他、キャストも良いし、やっぱ観たいな~。
Balkan
2012年05月12日 06:16
ごみつさん、こんにちは!

「鉄の女」は、正直、DVDでもよかったかな~という微妙な作品でしたが、ストリープの演技は印象的です。上野東急で観た最後の映画ということでも忘れられない映画になりそう。

私もこのところバタバタしていて、映画はごぶさたなんですが、ぼちぼち復活できそうです。

第一弾はやっぱり「裏切りのサーカス」かな。ル・カレでオールドマンでアルフレッドソン監督ときたら、もう、観るっきゃないでしょう。あとは「ドライヴ」と「別離」。劇場へ急げ!

この記事へのトラックバック