Balkan's Memorandum

アクセスカウンタ

zoom RSS ウェディングケーキにご用心 【本】

<<   作成日時 : 2011/09/15 10:53   >>

トラックバック 0 / コメント 2

SPRINKLE WITH MURDER
ジェン・マッキンリー(上條ひろみ 訳)
2011年7月10日刊
武田ランダムハウスジャパン ¥800(+税)

先日、友人の子ども(5歳)に将来の夢を尋ねたところ、「ケーキ屋さん」という答えが返ってきた。「パティシエ」と言わないところがえらい。でもいちばんえらいのは、そのあと「おばちゃんは?」と訊き返したことだ。おばちゃんにだって夢のひとつやふたつあることを忘れてはいけない。

というわけで、表題の本は、いまも昔も子どもたちのあこがれの的である洋菓子店が舞台のコージーミステリ。

メルは34歳。幼なじみのアンジーとともに、アリゾナ州スコッツデールで〈フェアリーテイル〉というカップケーキベーカリーを営んでいる。で、やはり幼なじみのテイト(彼も店に出資している)が、クリスティという性悪ファッションデザイナーと婚約、〈フェアリーテイル〉は披露宴用のウェディング・カップケーキを担当することになる。ところが、打ち合わせのためにクリスティのオフィスへ出向いたメルは、なんとそこでクリスティの死体を発見! メルは殺人事件の重要参考人になり……

実を言うと私、カップケーキのなんたるかがまったくわかっていなかった。マフィンのような素朴なものを想像しているとしたら、それは大間違い。小さなカップで焼きあげたケーキに色とりどりのクリームをのせて、さらにナッツやフルーツを繊細かつゴージャスにあしらった、まさにおとぎ話のように愛らしいケーキなのである。

そんなカップケーキのあれこれに夢中になって最後まで読んだところで、ふと疑問に思ったことがある。メル、アンジー、テイトの年齢だ。たとえばテイト。何があったか知らないが、34にもなってあんな女に騙されるものだろうか? それにアンジー。何があったか知らないが、34にもなって自分の意思で選んだ仕事のことを親きょうだいにとやかく言われるものだろうか? さらにメル。何があったか知らないが、34にもなって子どものころのあこがれの人に再会して臆面もなくときめけるものだろうか?

ま、おばちゃんとしては、そうやって若い人の行動にいちいち難癖をつけるのが、妙に楽しかったりもするのだが……

それにつけても、カップケーキはかわいい。こんど、友人の家を訪ねるときには、あのよくできたお嬢さんに買っていってあげよう。


ウェディングケーキにご用心 カップケーキ探偵1 (RHブックス・プラス)
武田ランダムハウスジャパン
ジェン マッキンリー


Amazonアソシエイト by ウェディングケーキにご用心 カップケーキ探偵1 (RHブックス・プラス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おお、読んでくださってありがとうございます(反応おくれてごめんね)。

そう、34にもなって、7人の兄たちに守られ(というか、とやかく言われ)なくちゃならないなんておかしい、とアマゾンのレビューにも書かれてました。
たしかにそうですね。

なんだかんだ言って、アンジーはブラコンですね。実は兄たちにかまってもらうことがうれしいんじゃないかなあ。二作目ではデローラ兄弟の干渉がさらにエスカレートして、さすがのアンジーもキレてますけど。あ、今回もブチギレてるか。そういうコミカルな展開のために用意された設定かと。

まあ、お子ちゃまな登場人物たちですが、随所でツッコミを入れながら読んでいただければと思います。

夢はケーキ屋さん。いいですね。
最近はカップケーキ専門店も増えてますので、ぜひそのお嬢さんに買っていってあげてください。
ところで、Balkanさんの夢はなんなのかな?
上條ひろみ
2011/09/20 12:31
ひろみさま

コメントありがとうございます!
いやあ、カップケーキのかわいさに完全にやられました。でも、私がそんなことを書くと「キモイ」と言われそうなので、多少文句も垂れてみました。心の狭い中年女のブログということで、どうかお許しを。

そういや私の贔屓力士である琴欧洲関(9月場所休場中)も子どものころの夢はケーキ屋さんだったんだとか。あのでかい図体で小さなカップケーキとかつくったら、めちゃめちゃかわいいんじゃないでしょうか?(←至福の妄想タイム)
Balkan
2011/09/20 15:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ウェディングケーキにご用心 【本】 Balkan's Memorandum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる