テルマエ・ロマエⅠ、Ⅱ 【コミック】

ヤマザキ マリ
エンターブレイン 
Ⅰ 2009年12月8日刊 ¥680+税
Ⅱ 2010年10月5日刊 ¥680+税

古代ローマの浴場設計技師ルシウス・モデストゥスが、銭湯、露天風呂、家庭の風呂場、風呂のショールーム、湯治場、ワニバナナ園、健康ランドなど、現代日本(ルシウスはローマ帝国の属州と思い込んでいる)のさまざまな風呂にタイムスリップしてその風呂文化の高さに衝撃を受けるという、短篇連作ギャグマンガ。

カルチャーギャップものといえば、トミー・リー・ジョーンズの缶コーヒーのCMを思いだすが、こちらは風呂一筋というところに感銘(?)がある。
とにかく、頭に××がつくほど真面目なルシウス(つねに眉間に皺をよせて何かを悩んでいる)が、フルーツ牛乳やあかすりタオルに驚き、「こ、これは……!」と絶句している姿がおかしい。たとえば、プラスチックのシャンプーハットを見て、「軍事力で領地を広げるのは簡単だ……しかし文明は…文明はそうはいかぬ…」と愕然としたりする。また、ローマに戻ったルシウスが、日本の風呂文化を“ローマ帝国の繁栄のために”自身の浴場設計に活かすのだが、それが古代ローマ風にアレンジされているところにも味がある。さらにいえば、マンガの合間に収録されている作者のエッセイ(もちろん風呂ネタ)もおもしろい。手塚治虫文化賞と漫画大賞をW受賞した大ヒット作とのことだが、「日本には何はなくともすばらしい風呂文化がある!」と誇らしい気持ちになれるところが、暗雲たちこめる時代のニーズに合致しているのかも……いや、そういうことじゃないか。

私事で恐縮だが、最近、わけあって自家製フルーツ牛乳づくりにはまっている。いろいろな果物で試してみたが、意外においしいのがラ・フランス牛乳。風呂上がりのルシウスに飲ませてあげたい自信作です。

第1話の試し読みはこちらから。
http://www.enterbrain.co.jp/pickup/2010/thermaeromae/



テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
エンターブレイン
ヤマザキマリ


Amazonアソシエイト by テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)
エンターブレイン
2010-09-25
ヤマザキマリ


Amazonアソシエイト by テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

Mari
2010年11月20日 10:46
読んだんだね! ウー、私も読みたくてウズウズしてきた。
“わけあってフルーツ牛乳作りにはまる”って、どんなわけ? そっちも知りたくてウズウズする。
Balkan
2010年11月20日 11:19
Mariさん

観劇のおりに、フルーツ牛乳の深いワケと一緒におもちしますので、それまでウズウズしててね。
書きそびれましたが、ルシウス、Mariさん好みの(?)いい体してます。読みどころは、スバリ、ルシウスの入浴シーン!(ってそればっかだけど……)
Mari
2010年11月20日 12:42
ありがとう!これで年末の楽しみがひとつ増えた
何しろ、表紙からして、私の趣味ど真ん中だもんね。
Balkan
2010年11月20日 19:58
Mariさん

よい新年が迎えられそうで何よりです
ソンパン
2012年05月23日 23:00
こんばんは!ずいぶん前の記事ですが、とっても旬なネタでございます^ ^。
映画の方もなかなか面白いと聞きました。私もぜひ鑑賞したいと思っているのですが。。。
Balkanさん、もしまだご覧になってなかったら、ご都合よろしければ今度の映画の日(6/1)にでもご一緒していただけませんか?(←とウェブ上でデートの申し込みをしてみる^ ^)ちなみにメルアドはお変わりありませんか?
ところで、フルーツ牛乳作りにはまったワケ、気になりますわ~!
Balkan
2012年05月24日 07:03
ソンパンさん、こんにちは!

この作品のおかげで、20年ぶりにマンガを読みましたが、ほんと、おもしろかったです。
映画も機会があれば観てみたいけど、劇場に行くほどじゃないかなあ……

またあとでメールしますね

この記事へのトラックバック