Balkan's Memorandum

アクセスカウンタ

zoom RSS ハクソー・リッジ 【映画】

<<   作成日時 : 2017/08/03 15:39   >>

トラックバック 1 / コメント 2

HACKSAW RIDGE
2016年、アメリカ/オーストラリア
メル・ギブソン(監督)
アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー、ヒューゴ・ウィーヴィング、ライアン・コア、テリーサ・パーマー、リチャード・パイロス、レイチェル・グリフィス、リチャード・ロクスバーグ、ルーク・ペグラーほか

もう一月以上まえのことだが、沖縄の伊計島に海水浴に行ってきた。
その名の通り、まぎれもない「島」だが、全長5キロの海中道路と2本の橋で本島とつながっている。
泊まったホテルは本島から見て島のいちばん奥にあり、そのまた奥にあるこじんまりした白砂のビーチがすごくよかった。何がいいと言ってそれは静かなところ。アクティヴィティ的なものはいっさいないし、監視員もいないが、水はめちゃめちゃきれいだし、砂はサラサラふかふかだし、波も流れもほとんどなくてとても泳ぎやすい。にもかかわらず、なぜか人がほとんどいない。
ホテルそのものは週末でそれなりに混んでいたのに、どうしてかなあ。

さて、沖縄といえば表題の映画。

画像


デズモンド・ドス(ガーフィールド)は、敬虔なクリスチャンとしてモーセの十戒の六「汝、殺す無かれ」を守ること心に誓っているが、第二次世界大戦が激化するなか、衛生兵としてなら国に尽くせると考え、陸軍に志願する。しかし、訓練中も武器を手にすることを頑なに拒みつづけたデズモンドは、命令に背いた廉で軍法会議にかけられ……

実を言うと、ハクソーリッジが浦添市の前田高地の崖のことだと知ったのは前述の旅の帰りがけに空港の売店で買った〈沖縄タイムズ〉を読んでいたときのこと。那覇の映画館の広告欄に「舞台は前田高地(浦添大公園そば)!」とあってちょっとびっくりした。浦添大公園って、さっき通ってきたところじゃないの……

まあ、知っていたらなんだって話だが、だとしても、できれば知っていたかった気がする。

で、映画の話に戻るが、すばらしい作品だし、遅ればせながら劇場で観ることができてよかったと心から思っている。(そう、あの迫力の戦闘シーンは大きなスクリーンで観ないと!)

ただ、デズモンドの偉大さに感服すればするほど、「どこまでが本当の話?」と疑いたくなるのが人情というものではないだろうか。

ドキュメンタリーじゃないし、ある程度話を盛るのは全然アリだと思うのだが、この手の実話をもとにした映像作品には、どうしてか、それが気になるものと気にならないものがある。残念ながら、これは前者だった。

その違いは、たぶん、ちょっとしたバランス感覚にあるのだろうが、本作の場合は、最後に映し出された本人たちのインタビュー映像が、私の疑念を呼び覚ました気がする。いや、まあ、あそこでシラケる私もどうかと思うけど……

それはさておき、アンドリュー・ガーフィールドは、どことなく若いころのメル・ギブソンに似ている。病んだ親子ものとかでの共演、観てみたいです。

画像
島のメインストリート。タバコ畑しかない……

画像
ホテルの奥の名もないビーチ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ハクソー・リッジ
Hacksaw Ridge 2016年/オーストラリア・アメリカ (監)メル・ギブソン (演)アンドリュー・ガーフィールド サム・ワーシントン ルーク・ブレイシー テリーサ・パーマー ヒューゴ・ウィービング レイチェル・グリフィス ヴィンス・ヴォーン ☆☆☆★★★ ...続きを見る
ごみつ通信
2017/08/05 21:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!

「ハクソー・リッジ」行かれたんですね!
確かにドラマ的には脚色された部分が多いのは感じました。実は前半の軍隊に入るまでの部分がちょっと不満なところがあったのですが、入隊後からのシーンですべて帳消しになりました。あの戦闘シーンは凄いですよね。

最後のご本人のインタビューって、何か疑念が浮かぶ様な内容ってありましたっけ?
まあ、何となく私もあの最後のインタビュー映像はいらないかな・・とも思ったんですけど。
ごみつ
2017/08/05 21:20
ごみつさん、こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。
上映館がどんどん限られていくなか、シネマロサで見てまいりました。

最後のインタビュー映像がわたしの疑念を呼び覚ました原因は、内容というより、それまでの流れとうまくつながっていなかったことにある気がします。
「ハドソン川の奇跡」や「アルゴ」でラストに本人が登場したときは、ぜんぜん気にならなかった――いや、むしろ、いい感じで実話がベースになっていることを思いだすことができたんですが、今回はなんともいえない違和感がありました。やはり、デズモンドの描き方がどちらかといえば一面的(いいところしか描かない)だったからでしょうか。それこそ入隊前の話にもうちょっと奥行があるとよかったのかもしれませんね。

それはさておき、目下、ごみつさんが読まれているという外間守善氏の著書、私も読んでみようかと思っています。
Balkan
2017/08/06 00:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハクソー・リッジ 【映画】 Balkan's Memorandum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる