Balkan's Memorandum

アクセスカウンタ

zoom RSS セールスマン 【映画】

<<   作成日時 : 2017/06/20 10:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

THE SALESMAN
2016年 イラン/フランス
アスガー・ファルハディ(監督)
シャハブ・ホセイニ、タラネ・アリシュスティ、ファリド・サッジャディホセイニ、ミナ・サダティ、マラル・バニアダムほか

昭和のはじめにイランのテヘランで客死し、かの地に骨を埋めた大叔父がいる。
イスラムの研究者だったと聞いているが、実はいわゆるスパイだったという噂もあったりなかったり。
もはや確かめようもないことだが、それでもテヘランと聞くたびに、会ったこともない大叔父の謎の生涯を思って、ちょっとだけドキドキする。

さて、テヘランといえば表題の映画。

画像


エマッド(ホセイニ)とラナ(アリドゥスティ)は、同じ小劇団に所属する若い夫婦で、アーサー・ミラーの『セールスマンの死』の初日を間近に控え、忙しくすごしている。そんななか、テヘラン市街のアパートからの立ち退きを余儀なくされ、劇団仲間(カリミ)の紹介でほかのアパートに移ることになるが、引っ越しをすませた夜、ひと足早く帰宅したラナが侵入者に襲われ……

第89回アカデミー賞外国語映画賞受賞作。

第84回の受賞作である同監督の『別離』(2011)もけっこう気に入ったはずなのだが、なぜかブログに記録がない。(メモランダムが聞いてあきれる)
ストーリーは忘れてしまったが、たしか「物事に正解なんてありません」という感じの話で、全然スッキリしないのだが、そのスッキリしないところに、心を動かされた気がする。

本作も基本的にはそういう感じの話で、何ひとつとして解決をみない。エマッドをはじめとする登場人物の行動も、正しいとは言えないものばかりだ。しかし、それがなぜか不自然ではない。そして、正しいことと自然なことはえてして一致しないというところに、スリルとサスペンスがある。

ファルハディ監督のほかの作品――『ある過去の行方』(2013)、『彼女が消えた浜辺』(2009)、『火祭り』(2006)、美しい都市(まち)』(2004)――も、ぜひ観てみなくては。

この日はけっこう寒かったので、夕食にインスタントラーメンをこしらえた。
画像
いつもの安物の器の唐草模様が、気のせいかイランっぽく見えた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
セールスマン 【映画】 Balkan's Memorandum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる