Balkan's Memorandum

アクセスカウンタ

zoom RSS フレンチ・ラン 【映画】

<<   作成日時 : 2017/03/31 17:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

BASTILLE DAY
2016年 フランス/アメリカ
ジェームズ・ワトキンス(監督)
イドリス・エルバ、リチャード・マッデン、シャルロット・ルボン、ケリー・ライリー、ヴィクター・ガミュー、ティエリ・ゴダールほか

あれよあれよと言う間に、今年も4分の1が過ぎようとしている。
加齢とともに時の流れが速くなるように感じるのは、たとえ若いころと同じことを経験しても、記憶にとどまる分量が減っているせいで、思い返したとき、ダイジェスト版になってしまうからなのだろうか?

というわけで、まずはこの四半期にTVとDVDで観た映画を、不確かな記憶をたぐって書き留めておくことにしたい。

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年、アメリカ、リチャード・マーカンド)★★☆
観たことは憶えているが、どんな話だったか、もはやほとんど憶えていない。最初の3作では、やはり1作目がいちばんだが、2作目よりはおもしろかったかも。

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999年、アメリカ、ジョージ・ルーカス)★★★
ルーカス監督の復活とともに、ストーリーのメリハリも復活。でも、ユアン・マクレガーとリーアム・ニーソンには、なんとなく場違いな印象があって、ちょいとがっかり。

『マイ・インターン』(2015年、アメリカ、ナンシー・マイヤーズ監督)★
女社長ジュールス(アン・ハサウェイ)にかわいげがないばかりか、シニア・インターンとして社長をサポートするベン(ロバート・デ・ニーロ)も、気がききすぎて、なんだかちょっとキモチ悪い……とケチつけながら最後まで観てしまったけど。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年、アメリカ、ザック・スナイダー)★★★
“数字に強いベン・アフレック”(@ザ・コンサルタント)に惚れた勢いで鑑賞。つまらないとまでとは言わないが、前作『マン・オヴ・スティール』同様、凝り過ぎ、暗すぎ、細かすぎ。うっかり寝落ちして、二日がかりの鑑賞となった。悪役のジェシー・アイゼンバーグがかわいかった。

『アントマン』(2015年、アメリカ、ペイトン・リード)★★★☆
ダメ男がヒーローをめざしてがんばる姿にはからずも涙ぐんでしまった。ミクロの決死圏的な映像も楽しかった。

『1001グラム ハカリしれない愛のこと』(2014年、ノルウェー/ドイツ/フランス、ベント・ハーメル)★★★☆
ほかの映画と間違えて予約録画した作品だが、観はじめたら目が離せなくなった。ハーメル監督作品……というか、ノルウェーの映画はたぶんはじめて。独特だが癖になる何かがある。

『博士と彼女のセオリー』(2014年、イギリス、ジェームズ・マーシュ)★★★★
伝記映画(とくに存命の人物の伝記映画)には嘘っぽくて退屈なものが多いが、これはおもしろかった。ホーキング博士自身にエンターエイナーの資質があるような気がした。だからこそ、あんなにすばらしい女性ふたりと結婚できたんだろうね、きっと。

記憶の彼方に埋もれている作品があと5本はありそうだが、そんなダイジェストな私でも、いまのところどうにか憶えているのが、おととい渋谷シネパレスで鑑賞した表題の映画。

画像


革命記念日(バスティーユ・デイ)を控えたパリの広場で爆弾テロが発生、捜査線上にアメリカ人のスリ、マイケル(マッデン)が浮かび上がり、CIAのパリ支局に所属する一匹狼の捜査官ブライアー(エルバ)が身柄を拘束する。結局、テロとは無関係とわかるが、その卓越したスリの技術に感じ入ったブライアーは……

おもしろかった!

何がいいといってそれは、瞬きをする暇もないスピーディかつサスペンスフルなストーリー展開。
いや、ストーリーそのものは定石通りだし、ブライアーやマイケルのキャラもどこかで見たことがあるパターンだが、いっさいの無駄を省き、ケチをつける隙をあたえないところがすばらしい。

そして、イドリス・エルバのかっこいいことといったら、もう……

ストーリーは3ヶ月で忘れても、エルバの重量感のあるアクションは、そう簡単に忘れないと思う。

ちなみに、エルバは次期007候補のひとりなんだとか! 史上初のアフリカ系ジェームズ・ボンド、観てみたいな〜。

画像
東京のソメイヨシノは、はやすでに5分咲き。花見に行きたい気持ちは山々だが、花粉症がひどいので、このビールで気分だけ……

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フレンチ・ラン 【映画】 Balkan's Memorandum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる