Balkan's Memorandum

アクセスカウンタ

zoom RSS スノーデン 【映画】

<<   作成日時 : 2017/02/16 16:37   >>

トラックバック 1 / コメント 2

SNOWDEN
2016年 アメリカ
オリヴァー・ストーン(監督)
ジョセフ・ゴードン=レヴィット、シャイリーン・ウッドリー、メリッサー・レオ、ザカリー・クイント、トム・ウィルキンソン、スコット・イーストウッド、リス・エヴァンス、ニコラス・ケイジほか

このところ、このへっぽこブログにURLつきのスパムコメントが殺到している。
削除が面倒なので半角文字のコメントを一括非掲載にしたが、管理画面の履歴に残っているコメント(怪しげな英文で美辞麗句を並べたて、URLをクリックさせようとしている)が結構笑える。

“you're actually a excellent webmaster!”なんてのもあった。

私、おだてられると何でもホイホイやってしまうおめでたい人間だが、なんでこんな目に遭っているのかさっぱりわからず困っているときに“a excellent webmaster”と言われても、なんだかねえ……(不定冠詞も間違ってるしねえ……)

さて、この人ならなんで私がこんな目に遭っているのか一発でわかるんだろうなと思ったのが表題の映画。

画像


CIAやNSAでIT技術者として働いていたエドワード・スノーデンは、いつしか愛する祖国の方針に疑問をいだくようになり……

オリヴァー・ストーン監督はエドワード・スノーデンを自らが危険な立場に追い込まれるとわかりつつ祖国のサイバー監視プロジェクトの実態を白日のもとに晒した英雄(しかも、恋人思いの優しい心根の持ち主)として描いている。が、そういうふうに描けば描くほど、「そんな単純な話か?」と邪推したくなるのが人情というもので……

スパイ映画的にドキドキする場面もあるのだが、それが中途半端な印象をあたえた原因という気もする。どうせ見てきたような嘘をつくなら『MILES AHEAD』くらい派手にやってくれないと(たとえば、ニコラス・ケイジが演じるギークにもうちょっと見せ場をつくるとか)、なんだかもやもやしていけない。でも、ストーン監督にそういうはじけ方をされたら、目のやりばに困るんだろうね、きっと。

これは余談だが、私、テレビで厚切りジェイソンを見るときまってスノーデンを思いだす。そして、本物のスノーデンの顔を忘れつつある今日この頃は「スノーデン=厚切り」状態になっている。そんなこんなで、ジョセフ・ゴードン=レヴィットがスクリーンに登場したとき、「やだ、全然似てないじゃん……」なんて思ってしまったのだが、よくよく考えたら、ゴードン=レヴィットが似ていないのは厚切りジェイソンであって、スノーデンにはそれなりに似ていたかも。少なくとも体格は厚切りよりスノーデン似です。

画像
この喫茶店のトーストはさほど厚切りではありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スノーデン
Snowden 2016年/アメリカ (監)オリヴァー・ストーン (演)ジョセフ・ゴードン=レヴィット シェイリーン・ウッドリー メリッサ・レオ ザッカリー・クイント トム・ウィルキンソン スコット・イーストウッド リス・エヴァンス ニコラス・ケイジ ティモシー・オリファント ☆☆☆★★★ ...続きを見る
ごみつ通信
2017/02/20 00:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!

私も先日、観てきました!
個人的には、かなり驚愕した作品だったのですが、taeさんが邪推した様に、どうもはっきりしていないところがあれこれあるんですよね。

例えば、東京(他国の大都市にも)にしかけられたマルウェア(インフラストップさせちゃうやつ)って、実は日本政府も承知で承認してるんじゃないか・・とか、あと、なぜスノーデンは高卒なのにエリート職場のCIAだの、NSAだのに就職出来たのか?っていう問題。佐藤優氏は、「彼は恐らく凄腕のハッカーだったんじゃないか」って言ってました。
何故、ロシアに亡命したのか・・とかあれこれ謎があるんですよね。

ただこの映画(この事件)の最大のポイントは、PRISMっていう監視システムが開発されていた・・っていうところなんだと思う。
未来の事はわからないけど、いずれ本当に「1984」みたいな世界になる可能性はあうかもな・・と怖くなりました。

あ、あと確かにスノーデンは厚切りジェイソンに似てるよね。(笑)
ごみつ
2017/02/20 00:30
ごみつさん、こんにちは!

いやあ、ほんとに恐ろしい話ですよね。
この先、コンピューターとDNAは個人を否定する存在になっていくのかも……

この作品を観て、10年くらいまえに、PCがネットにつながらなくなってプロバイダーに電話したときのことを思いだしました。なんとサポートの人が私のPCを遠隔操作したんです。見事に復旧したけど、なんだかすごく気持ち悪くてねえ。以来、PCのカメラにはテープ貼りっぱなしです。

それにつけても、なぜロシアだったんですかね? スノーデン氏はこの映画みたいに善意の人なのかもしれないけど、ロシアは何かろくでもなことを企んでいそうですよね。実はそっちのほうがドラマチックな話だったりするなのかもしれません。

スノーデンはどう見ても薄切りですね。
Balkan
2017/02/20 04:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スノーデン 【映画】 Balkan's Memorandum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる