Balkan's Memorandum

アクセスカウンタ

zoom RSS ハドソン川の奇跡 【映画】

<<   作成日時 : 2016/10/13 15:23   >>

トラックバック 2 / コメント 2

SULLY
2016年 アメリカ
クリント・イーストウッド(監督)
トム・ハンクス、アーロン・エッカード、ローラ・リニー、マイク・オマリー、ジェイミー・シェリダン、アンナ・ダン、ホルト・マッキャラニーほか

仕事が一段落したので、ひさしぶりで映画を観にいってきた。
しかも、欲張ってハシゴ。
フラストレーションがたまっていたのだ。

まずはスカラ座で『ジェイソン・ボーン』を観たのだが、エンディングまであと10分というところで停電となり、まさかの上映中止に!

いや、まあ、停電じゃしょうがないけど、何も一番の山場でこんなことにならなくても……

というわけで、フラストレーションの上にフラストレーションを塗り重ねたかなりヤバい状態で丸の内ピカデリーに移動して観たのが表題の映画。

画像


2009年1月15日、乗員乗客155人を乗せてラガーディア空港を飛び立ったUSエアウェイズ1549便が、マンハッタンの上空850メートルでエンジンが停止し、制御不能となる。サリーこと、チェスリー・サレンバーガー機長(ハンクス)は空港に引き返すには高度が足りないと判断、ハドソン川への緊急着水を敢行する。着水はひとりの犠牲者を出すこともなく成功、サリーは英雄と讃えられるが、そのいっぽうで、彼の判断を疑問視する国家運輸安全委員会の追及がはじまり……

ざっくり言うと、「サリーは155人の命を救った英雄なのか それとも、155人の命を危険にさらした罪人なのか」という問題を論じながらサレンバーガー機長の人となりを描いた作品だが、さすが、C・イーストウッド監督、めちゃめちゃ完成度が高い。それで思い出したのが、同じハンクスが主演した『キャプテン・フィリップス』(ポール・グリーングラス監督、2013年)。リチャード・フィリップス船長も本作のサレンバーガー機長も立派な人だが、立派な人ならではの胡散臭さががある。で、フィリップス船長の胡散臭さはほとんどまったくといっていいほど描かれていなかったが、サレンバーガー機長のそれはキャラクターの一部としてちゃんと描かれているところがいい。あやしげな副業とか、ヤバそうな住宅ローンとか、陰影のつけかたがうまいのだろうね、きっと。

とはいえ、わたしがぐっときたのは機長ではなく、A・エッカート演じるジェフ・スカイルズ副機長。いやー、あんなときにあんな気の利いたジョークを言えるなんて、どう考えてもただものじゃない。まあ、機長ほど大きなプレッシャーにさらされていなかったってだけことなのかもしれないけど、同僚にひとりほしいタイプである(と妄想)。

それにつけてもボーンはあのあとどうなったんだろう? 近いうち、たしかめに行かなければ……

画像
こんなものが空を飛んでいるということがすでに奇跡……(城南島から羽田を見る)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ハドソン川の奇跡
Sully 2016年/アメリカ (監)クリント・イーストウッド (演)トム・ハンクス アーロン・エッカート ローラ・リニー ☆☆☆★★★ ...続きを見る
ごみつ通信
2016/10/19 13:57
映画:ハドソン川の奇跡 当ブログは目撃者なので当事者?のため、涙が止まらない… 評論不可(笑)
実は当ブログ、たまたまNYで この現場に居合わせてしまった。 その様子は当時、以下のようにレポート。 ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2016/11/03 23:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!

ちょっと久しぶりになっちゃいましたが、お元気ですか〜?

私も、「ハドソン川」も「ジェイソン・ボーン」も見ましたが、「ボーン」の時に停電になっちゃったの!!?それは本当に災難でしたね。
スカラ座は停電なのに、丸ピカは大丈夫だったんだ・・。そう言えば、東京駅界隈もまったく平気でした。

「ボーン」はお金戻ってきたの?ラスト10分だけのためには辛いけど、見たいだろうと思います、面白かったし。

「ハドソン川」も良かったですよね〜。あの、何のてらいもなく普通〜〜に撮ってるのに、あれだけの作品に仕上げるイーストウッドの手腕と作劇方法が、私には謎です。ホントに凄いと思う。

センスと趣味の良さからにじみ出てくるものなのかしら?

私も後日、記事にしますが、ちょっと後になりそうです。
ごみつ
2016/10/14 23:36
ごみつさん、こんばんは!

諸般の事情で久々の更新になってしまいましたが、なんとか元気でやっております。

丸ピカも停電はあったようで(中止にはならなかったみたいですが)、わたしが観た回も30分ほど押しての開映でした。

なるほど、東京駅近辺は大丈夫だったのですね。新座の火災で有楽町が停電というのも不思議ですが、謎は深まるばかりです。


中止になった「ジェイソン・ボーン」、料金は払い戻しになったのですが、また最初からってのもなんだかちょっとねえ。でも結末すごく気になる! ヘザーとの関係も宙ぶらりんのままだし! なんとか観にいきたいものです。

そんななか、「ハドソン川〜」が安定感バッチリのおもしろさには、ものすごく救われました。また停電したらいやだしきょうは帰ろうかなあ、とも思ったのですが、あっという間に話にはいりこめて、ざわざわしていた気持ちもすっかり落ち着いて、ホント、観てよかったです。

というわけで、ごみつさんのレヴュー、楽しみにしていますね
Balkan
2016/10/15 01:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハドソン川の奇跡 【映画】 Balkan's Memorandum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる