Balkan's Memorandum

アクセスカウンタ

zoom RSS フラニーとズーイ 【本】

<<   作成日時 : 2015/10/04 15:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Franny and Zooey
J・D・サリンジャー(村上春樹 訳)
2014年3月1日
新潮社 ¥630(+税)

ついに、スワローズが優勝しました!
サヨナラ勝ちでの優勝決定ということで、感激もひとしおです。
思えば今年は何度もサヨナラ勝ちを見せてもらった気がします。
結局のところ、長いリーグ戦を勝ち抜くのはそういう粘り強いチームってことなんでしょう。
ちなみに私はローガン・オンドルセクさんのファンです。でも、ローガンだと思って見とれていたら、トニー・バーネットさんだったことが3回ほどあります。要はどっちでもいい――いや、どっちもステキってことでしょうか?

さて、スワローズといえば、スワローズのファンクラブ名誉会員の新訳で再読した表題の本。

画像


ウェス・アンダーソン監督の『ロイヤル・テネンバウムズ』を観たときから、ぜひ読みなおしたいと思っていた作品。

以前(たぶんハタチくらいのとき)、野崎孝氏の訳で読んだときは、あっという間に読みきった気がするが、今回はそれなりに時間がかかった。(体力の衰えはこんなところにも?)

とはいえ、読後感は変わらなかった。比喩表現のおもしろさは私のなかで世界一。それだけでも読む価値はじゅうにぶんにある。でも……

ふと思ったのだが、グラス家の人々が日本語をしゃべるとすれば標準語ではなく京都弁かも。誰か新訳でトライしてくれないかな。

画像
スワローズ14年ぶりの優勝を祝ってちょっと高いビールを飲んでみました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フラニーとズーイ 【本】 Balkan's Memorandum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる