Balkan's Memorandum

アクセスカウンタ

zoom RSS グランド・ブダペスト・ホテル 【映画】

<<   作成日時 : 2014/06/27 15:14   >>

トラックバック 1 / コメント 2

The Grand Budapest Hotel
2014年 ドイツ/イギリス
ウェス・アンダーソン(監督)
レイフ・ファインズ、トニー・レヴォローリ、マチュー・アマルリック、F・マーリー・エイブラハム、エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、ジェフ・ゴールドブラム、ハーヴェイ・カイテル、ジュード・ロウ、ビル・マーレイ、エドワード・ノートン、シアーシャ・ローナン、ジェイソン・シュワルツマン、ティルダ・スウィントン、トム・ウィルキンソン、オーウェン・ウィルトンほか

連日、熱戦がつづくFIFAワールドカップ・ブラジル大会。

わけあって応援しているウルグアイ代表もめでたくグループリーグを突破したが、この先、スアレス抜きでどう戦えばいいのだろう? それを考えると頭が痛い……(いや、まあ、私が考えてもしょうがないんだけど)

さて、ワールドカップ同様、ずいぶんまえから心待ちにしていたのが表題の映画。

画像


時は1930年代、ズブロツカ共和国の保養地にある名門ホテル「グランド・ブダペスト」に、グスタフ(ファインズ)という名物コンシェルジュがいた。ある日、彼が“おもてなし”の一貫として深い仲となったマダムD(スウィントン)が何者かに殺される。“「林檎を持つ少年」(ルネッサンス期の名画?)をグスタフに”というマダムの遺言に腹を立てた息子のドミトリ(ブロディ)は、グスタフに母殺しの罪を着せる。刑務所送りとなったグスタフは、愛弟子であるベルボーイのゼロ(レヴォローリ)とフィアンセのアガサ(ローナン)の協力を得て脱獄、真相の究明を試みるが……

アンダーソン監督のこだわりが隅々まで浸透した映像美には今回も大興奮。ただし、ストーリーがいつになく複雑なので、ぼーっと見とれていると、置いてけぼりを食らうおそれも! つぎつぎに人が殺され、政情にも暗雲がたちこめ、銃撃戦まであるのに、すっとぼけた味わいはそのまま。その明るいんだか暗いんだかよくわからないところが、いかにも“東欧”って感じでとてもいい。

こだわりといえば、描かれている3つの時代(30年代、60年代、現代)に合わせて、それぞれフォーマット(アスペクト比)の違う3種類のカメラで撮影し、レンズも古いものを使ったのだとか。そう言われると、もう一回、観に行かなくちゃという気持ちになる。

毎度のことながらキャスティングの豪華さはため息もの! 主役級の俳優が友情出演?みたいなチョイ役で登場するから、うかうか瞬きもできない。初参加のロウだけはなんとなく浮いている気がしたが、パンフレットによると、彼のほうからアンダーソン監督に手紙を書いて出演を懇願したのだとか。電話やメールではなく手紙。「ウェスなら手紙を好むと思った」というその気持ち、すんごくよくわかる。いったいどんな手紙だったんだろう? できれば、かわいらしいブロック体で手描きされたものであってほしい気がする。

不思議だったのはゼロと作家の配役。青年期と老年期を、なぜか似ても似つかない俳優が演じていて(ゼロがレヴォローリとエイブラハム、作家がロウとウィルキンソン)、その飛躍が私をちょいと戸惑わせた。何か意図があるのだろうか?

美しいホテルと背後にそびえる山々を観た瞬間、10数年前に訪ねたルーマニアのブラショフを思いだしたが、ホテルのロビーの撮影にはドイツのゲルリッツにある老舗デパートが使われたのだとか。いつの日か、じっくりゆかりの地めぐりがしたいものだ。

画像

ブラショフの街並み(2000年12月)。うしろにぼんやり写っている山には、アンダーソン風(?)のかわいいケーブルカーで登ることができる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
グランド・ブダペスト・ホテル
The Grand Budapest Hotel 2013年/イギリス (監)ウェス・アンダーソン (演)レイフ・ファインズ F・マーレイ・ウィリアムズ エドワード・ノートン マチュー・アマルリック エイドリアン・ブロディ シアーシャ・ローナン ウィレム・デフォー ジェフ・ゴールドブラム レア・セドゥ ジュード・ロウ ティルダ・スィントン ハーヴェイ・カイテル トム・ウィルキンソン ビル・マーレイ オーウェン・ウィルソン ジェイソン・シュワルツマン トニー・レヴォロリ ☆☆☆☆ ... ...続きを見る
ごみつ通信
2017/05/01 01:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!

「グランド・プタペスト」、Taeさんは絶対に行くと思ってましたが、これ、評判良いですよね!
アンダーソン監督最大のヒットなんじゃない?日本では。

かわらず楽しめたみたいですけど、他の方の感想聞かせていただいても、わりとクセがあるみたいですね?ちょっと難しいの?
私も見なくちゃ〜。とりあえずDVDになったら必ず見ます!
キャスティング、本当に凄いよね。
ごみつ
2014/07/14 21:46
ごみつさん、こんにちは!

この作品――というか、アンダーソン作品は、とにかくディテイルが夢のように楽しいところが好きです。ジュード・ロウじゃないけど、アンダーソン監督に手紙を書いて、「好きです」と告白したいです。

私もDVDになったらもう一度見ます! 
グスタフのムショ仲間として登場するハーヴェイ・カイテルの刺青が、なーんかゆるくてかわいかったのですが、そのあたりもじっくり楽しみたいです。
Balkan
2014/07/15 03:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
グランド・ブダペスト・ホテル 【映画】 Balkan's Memorandum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる