Balkan's Memorandum

アクセスカウンタ

zoom RSS マネーボール 【映画】

<<   作成日時 : 2012/07/29 09:38   >>

トラックバック 2 / コメント 6

Moneyball
2011年 アメリカ
ベネット・ミラー(監督)
ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ロビン・ライト、フィリップ・シーモア・ホフマン、クリス・ブラット、ケリス・ドーシーほか

先週のサンデースポーツ(NHK)で野球評論家の落合博満氏が「セ・リーグは勝率5割で前半戦を終えたチーム、すなわち4位のヤクルトまで優勝の可能性がある」という話をしていた。スワローズファン歴40年の私にとって、それは「今季はヤクルトが優勝する」と言われたようなもので、後日、得々として巨人ファンの友人にこの落合理論の解説を試みたのだが、案の定、数字にまつわる部分でしどろもどろに。勝率5割で折り返すとなぜ優勝の可能性が増大するのか、ご存じの方がいたらこっそり教えてやってください。

で、その巨人ファンの友人に薦められてDVDで観たのが表題の映画。

画像


財政難にあえぐオークランド・アスレチックスは、せっかく育てた有望な選手をリッチな強豪球団に引き抜かれるという悪循環にはまっていた。そこで、GMのビリー・ビーン(ピット)は統計データを使って選手の将来的価値を予測する「マネーボール理論」を導入、イェール大学出の統計オタク、ピーター・ブランド(ヒル)とともにチームの建て直しを図ろうとするが……

ちょうどイチロー選手が電撃移籍を発表した日のことで、なんとはなしにしみじみとした気持ちで鑑賞したが、今にして思えば、映画というより原作『マネー・ボール:奇跡のチームを作った男』(マイケル・ルイス、中山宥 訳、武田ランダムハウスジャパン)の壮大なプロモーションビデオみたいだったかも。というのも、マネーボール理論がもたらした結果をかっこよくプレゼンするばかりで、肝心の理論については“チラ見せ”状態なのだ。

ビリーのプライヴェート――わけあって離れて暮らす娘との心温まるやりとりなど――にスポットライトをあてて、映画としての体裁を整えようとしているが、そこにとってつけたような印象があるのも気になる。「そんな暇があったら、もうちょっとマネーボール理論を説明してよ」と思ったのは私だけだろうか? 

巨人ファンの友人にもぜひ訊いてみたいが、「説明しても無駄でしょ?」と言われそうなので、こっそり原作を読んで勉強してからにしよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『マネーボール』
□作品オフィシャルサイト 「マネーボール」 □監督 ベネット・ミラー □脚本 スティーブン・ザイリアン、アーロン・ソーキン □原作 マイケル・ルイス □キャスト ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ロビン・ライト、フィリップ・シーモア・ホフマン、       ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/06/07 08:28
「マネーボール」 ビジネス指南映画
本作は「日頃忙しくて映画なんか観に行く暇なんかないやい」というビジネスマンに観て ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/06/21 20:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は!

「マネーボール」見たい作品ではあるんだけど、原作がビジネス書なもんで、映画での脚色ぶりがどうなんだろう?ってちょっと二の足を踏んでいました。
まあ、ブラビなので見る価値はあると思ってるのですが。

映画になるとどうしてもドラマチックに脚色されちゃうじゃない?それが気になってたのですが、やっぱり若干そういうところがあるみたいね?

でも是非見てみます〜。
ごみつ
2012/08/03 03:11
ごみつさん、こんにちは!

この作品が描こうとしているのはビリーの半生なのだから、マネーボール理論の詳細が語られないのは、当然といえば当然なのかも。でも、もうちょっと踏み込んでくれないと……と、そんな気がしました。

ブラッド・ピットって、私のなかではなぜか野球ではなくフットボールのイメージです。お尻が小さいからかな?
Balkan
2012/08/03 08:13
これ、飛行機の中で見たよ。えっと、つまり、飛行機の中はほぼ爆睡して過ごす体質の人間が、ぼうっとした頭で、ブラピを見て楽しむには申し分のない映画だったというわけ。原作は読んでいないし、映画見てもマネーボール理論はちんぷんかんぷん。というか、そこを理解しよういう努力はまったくしなかった…。
Mari
2012/08/17 23:41
Mariさん、こんにちは!

いや、この映画は飛行機の中でボーッと見るのがいちばんという気がします。興味がわいたら帰りの飛行機の中で原作本を読めばいいし。

ブラッド・ピットって、よくよく見るとさほどハンサムじゃないところがいいですよね。失礼を承知で言わせてもらえば「ハンサムな猿」って感じでしょうか。彼を見ていると、ミトコンドリアが活性化する気がします。
Balkan
2012/08/18 07:31
どう見たってサル顔なのに、なぜ私はブラピが好きなのか――謎がようやく解けました。なるほど、DNAの中にかすかに残ったご先祖様の記憶が、ハンサムな猿に反応しちゃうのね。
Mari
2012/08/18 13:12
Mariさん、謎が解けて何よりです♪

私が独断と偏見で決めている「猿人比」、ブラピは4:6くらいでしょうか。で、マット・デイモンは5:5、イチロー選手は6:4、ジミー大西は7:3……というように、猿の比率があがっていきます。ちなみにハンサムな人が多い猿人比は3:7。岡田准一や竹野内豊が含まれます(なんの話じゃ?)
Balkan
2012/08/18 17:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マネーボール 【映画】 Balkan's Memorandum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる